屋上緑化の導入時の注意点について、詳しく丁寧に解説するサイト『屋上緑化導入入門』
屋上緑化の導入時の注意点について、詳しく丁寧に解説するサイト『屋上緑化導入入門』

屋上緑化とは建築物の断熱性や環境対策、景観の向上などを目的として、屋根や屋上に植物
を植えて庭園を造るなど、緑化することです。
環境問題への対応策として生み出された手法と思ってる人も多いでしょうが、実は屋上庭園
や草に覆われた土屋根は古くから存在します。
日本でも夏にはヒョウタンやヘチマの緑陰で家屋に涼を呼ぶ習慣もあり、昔から生活の知恵
として似たようなことは行われていました。
このサイトでは近代的なビルにおける、屋上緑化の導入時のアドバイスをしています。
屋上緑化をお考えの方など、参考にしてください。

工場立地法

平成16年3月に改正された工場立地法が施行され、屋上緑化についても工場立地法の緑地として認められるようになりました。

植える位置

落葉樹は落ち葉の問題があるので、近隣の住宅などに迷惑をかけないため、トラブル防止のためにも気を使いましょう。

軽量人工土壌

屋上緑化を導入するためには建物の積載荷重条件などをよく把握して、軽量土壌の利用などどの程度軽量化の必要があるかも調査します。

防水に注意

ビルやマンションなどの屋上では防水工事が施されているので、実際にはそれほど気にする必要はありません。

省エネ効果

通常の屋根は断熱性能がそれほど大きくなく、夏季には屋根の温度が70℃近くになるため冷房負荷が大きくなります。

水やり

屋上庭園は障害物が少ないので日当たりは良いのですが、その反面風がとても強く、非常に乾きやすい場所でもあります。